ひるがの高原キャンプ場(岐阜県)2017年9月9日(1泊2日)

子供たちの夏休みも終わった9月に岐阜県のひるがの高原キャンプ場に行ってきました。
週間天気予報を見ながら、9月の第一週目の週末に予約しました。
予約は電話予約のみとなっています。

 

東海北陸道ひるがのスマートICを降りると10分ほどで到着するので、僕の住んでいる愛知県から行くには非常にアクセスしやすいです。

チェックインは13時からですが、繁忙期でなければ1000円でアーリーチェックインができます。
11時半ぐらいに到着したので、アーリーチェックインしました。

テントサイトは5つのエリアがありますが、すべてフリーサイトになっているので早くチェックインしたほうがいい場所を確保できます。

フリーサイトですが、木々で自然に区切られている感じです。
車も乗り入れ可能なオートサイトになっています。

 

 

場所によって広いところと狭いところがあるので、アーリーチェックインして場所を確保するのがおすすめです。

場内にはコテージもあります。

大きな広場があって舞台もありますが、行った日には特にイベントはしていませんでした。
キャンプファイヤーとかできそうな広場です。

別のところには使用されていないグラウンドが。

 

グループで来てもいろいろ遊べそうな広さがありますね。

今回我が家が陣取ったのはからまつ園というエリアです。

 

はじめてのキャンプ場だったので、チェックインしてからぐるりとまわってみて、比較的広い場所を確保しました。
炊事場が目の前でトイレも近く、便利がいい場所です。

うちの近くの炊事場は屋根がありませんでしたが、このような蛇口3つの炊事場が場内に点々と設置してあります。

近くのトイレはこんなんでした。

扉があるので、虫が入りにくくなってます。
水洗で洋式もあり、非常にきれいでした。
トイレは少ないので、場所によっては非常に遠くなります。

1時間ほどでテントを設営。

 

コールマンのベンチを初使用。

設営を終えてからキャンプ場内を散策にでかけました。
マップにも書いてありますが、場内には小川が流れています。

水はすごくきれいで、9月ですが非常に冷たかったです。

散策から帰るとさっそく焚き火。

 

はい、直火OKです。
30分後にはミニキャンプファイヤー状態。

日が短くなってきているので、早めに夕食の準備をしました。
メインはシチューです。

  

前回の伊那谷キャンパーズヴィレッジでつくったじゃがバターベーコンが美味しかったので、今回も作ってみました。

簡単ですが、めちゃウマです。

夕飯のあとはスモアタイムです。

僕はマシュマロがあまり好きではないので、参戦していませんが。。。

夕食後はまだ19時くらいでしたが、完全に日も落ちました。
今回は新兵器を持ってきていたので、試しに使ってみました。
これです。

そうです!プロジェクターです!!

実際にテント内で投影した写真を撮り忘れましたが、十分視聴に耐えられる性能でした。
輝度も大丈夫ですし、台形補正があるので、テントの傾いた壁でも見やすかったです。
何を見たかは伏せておきますが、AMAZONプライムでダウンロードした動画をミラキャストして映画鑑賞会をしました。
子供たちは大喜びしてました。
日が落ちるのが早い秋~冬のキャンプには超おすすめです。
雨キャンプにもいいかも。

映画を見終わって時間も遅かったんですが、星空を見ようと外に出てみたら、近くに街灯があってけっこう明るくて、星は見づらい状況でした。
場所を決める時街灯には気付かず、これはちょっと失敗だったかな。
グラウンドだったら空も開けてるし星空鑑賞には最高のロケーションかも。
次回は赤松園のグラウンド隣接サイトに設営しよう。

次の日の朝、朝食はホットサンドです。

このホットサンドメーカーも新規購入。
沼にズブズブとハマっていってます。

ここはチェックアウト時間が12時でゆったりと帰り支度ができます。
個人的には朝からダラダラが好きなので、ポイント高いです。
とは行ってもいつものようにチェックアウトはギリギリでした。

帰りは湯の平温泉に寄りました。
このエリアはスノーボードでもよく来るんですが、湯の平温泉に行くことも多いんです。
何ヶ所か近くに温泉もありますが、何と言ってもここは安い。
露天風呂が気持ちいいです。

はじめてのひるがの高原キャンプ場でしたが、とっても気に入りました。
高規格キャンプ場で、初心者には超オススメです。
場内の道路はかなり狭いところもあるので、車の運転は要注意です。

 

コメントを残す