信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ(長野県)2017年8月12日(2泊3日)①

お盆休みを利用して信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ
行ってきました。

 

予約したのが約2ヶ月前で、キャンプ場はもうすでに予約不可のところが
けっこう多かったので予約できるところは限られていました。

僕は静岡県のキャンプ場に行きたかったんですが、
今回もグループキャンプで、
一緒に行く人が以前行ったことがあるということで
ここを予約してくれたわけです。

グループキャンプも楽しいんですが、自由が効かないというか
ガマンしないといけないこともでてくるので、
ちょっとグルキャンは休止して次は単独でも行きたいとか思っています。

 

さて、このキャンプ場はといえばかなり山奥にあり、
(このエリアのキャンプ場では標高が低いほう)
中央道の松川ICをおりて約30分走ります。

残り約2Kmの地点から道幅が極端に狭くなります。

車の行き違いが出来ないほどです。

 

チェックインは13時でしたが、
途中で昼ごはんを食べていたので、
13時半過ぎに到着しました。

キャンプ場の入り口から坂道を降りていくと、
スタッフさんがいて先頭車両と話し始めました。

 

今回割り振られた区画は入り口から一番手前のエリアで、
3家族用電源なしオートサイトが1区画と
電源なしオートサイト2区画でした。

3家族用といっても3区画の番号が割り振られていて、
普通に5区画借りた感じになりました。

 

 

ちょっと狭かったし区画の形がいびつだったので、
レイアウトにかなり苦労しました。

D-1は奥の区画の入り口になっていることもあって、
かなりせまいです。

E-1とD-1を駐車スペースにして
D-2にリビング用タープとテント1張り、
D-3にテント3張り、D-4にテント1張りで設営しました。

 

父親たちがテントを張ってるころ、
母親たちは子供たちを連れて場内を散策に行きました。

ここの地面はかなり柔らかくて
長いペグじゃないと、こころもとないです。

 

テントを張るのもだいぶ慣れてきたので、
ペグが打ちやすいのもあって、
素早く張ることができました。

今回新規購入した
コールマンのジョイントスクリーンタープ
初張りだったので、
時間がかかるかと思いましたが、
思ったよりずっとカンタンでした。

今回は1家族が新規購入のテントで、
1家族が借りてきたテントだったので、
設営を手伝い、
リビング用のタープを張り、
15時にはすべての設営完了です。

 

 

予想通り子供たちはすぐに焚き火をすると言い出し、
もう何回も経験しているので、
子供たちだけで薪を積み上げ、杉の枯れ葉を着火剤代わりにして
すぐに薪に火を着けてしまいました。

同行したケイイチくんが自作したメッシュの焚き火台を持参してきて、
早速それを使って焚き火をしました。

 

 

ケイイチくんは今年からキャンプを始めたんですが、
完全にハマってしまってテーブルを自作したり、
今回はこの焚火台と薪割り器(機会があれば紹介します)を
自作して持って来ていました。

 

シゲちゃんの提案で今回バームクーヘンを焼くのに挑戦しました。

 

 

写真で棒を回しているのは嫁です。。。

バームクーヘンは以前、
シゲちゃんファミリーとデイキャンプに行ったときにも
挑戦したんですが、成功したとは言えない出来で、
今回シゲちゃんは自宅で何度も練習してきたそうです。

でもやっぱり売っているみたいな出来にはならず、
味はそこそこだったけど、
手間がかかりすぎの割に満足度が少ないなと。

 

子供たちが相変わらず焚き火で遊んでいるあいだに、
夕食を作りました。

 

 

コストコで買ったサーモンを杉板にのせて炭火で焼きます。

 

 

尾上製作所のコンパクトピザオーブンをかぶせて約20分焼きます。

焼き上がりの写真がないんですが、
焼きあがった直後から子供たちの争奪戦が始まり、
あっと言う間になくなってしまいました。

杉板が焼けるので、ほんのりと燻製のように香りがつきます。

コストコのアトランティックサーモンは生でもすごくおいしいので、
塩コショウだけの味付けでも絶品なんです。

 

 

19時過ぎくらいで夕食が終わりかけていたところで、
急に雨が降り出しました。

一気に大雨になって、このまま明け方まで降り続けました。

荷物をできるだけタープ下に移動させましたが、
すべてを雨除けできず、
ずぶ濡れになった荷物も。

想定していなかった雨で、
対策に追われているあいだ、
子供たちはテント内でUNOで遊んでいたようです。

この日は早めに就寝しました。

 

続く

 

コメントを残す