信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ(長野県)2017年8月12日(2泊3日)②

こちらの記事の続きです。

信州伊那谷キャンパーズヴィレッジ(長野県)2017年8月12日(2泊3日)①
お盆休みを利用して信州伊那谷キャンパーズヴィレッジに 行ってきました。 予約したのが約2ヶ月前で、キャンプ場はもうすでに予約不可のところが けっこう多かったので予約できる
2017-10-30 23:37

 

2日目の朝、目が覚めると
前日就寝時には降っていた雨は止んでいました。

雨はけっこう降っていましたが、
地面に目立った水たまりはなくて、
水没しているところもありませんでした。

水はけがかなりいいサイトですね。

この日も朝から子供たちは、
焚き火台に薪を積み上げて、
自分たちで火付けをして焚き火をしてました。

朝食を終えてから、
キャンプ場内を散策しました。

センターハウスに行ってなかったので、
行ってみることに。

センターハウスには売店やコインランドリー、お風呂場もあります。

貸し切り露天風呂もあるみたいです。

売店の入り口はこんな感じになっています。

売店の中に入ると、
キャンプに使えるものがいろいろ売っていました。

こんなのも売っていました。

図書室がありました。

子供用の遊び小屋

 

こんな手作りのやぐらもありました。

イベントは何かイイものがやってるかな

 

マウンテンバイクや木のボールペン作り、ペンダント作りなどのネイチャークラフト、
パン焼き体験や星空鑑賞会とけっこう盛りだくさんありました。

結局、予約が埋まっていたり時間が合わなかったりで星空鑑賞会に子供たちだけ参加しました。

 

キャンプ場は高低差が大きくて、
頂上に登ってみました。

地図にはもっこり山と書いてありますが、
頂上にドーム状の木製建造物が建っていました。

ここからの景色は

天気のせいもあってか、いまいちパッとしませんでした。

もっとほかに景色のいい場所があったかも。

この日は早めに昼ごはんを食べてから、
車で片道40分ぐらいかけて、
駒ヶ根IC近くのこまくさの湯という温泉に行きました。

雨上がりだったので、
テントをかぶせて乾かしている車がたくさんありました。

登山する人が立ち寄る温泉のようで、
でっかいリュックを背負っている人がけっこういました。

一家族が1泊の予定だったので、ここでお別れしました。

キャンプ場に戻ると16時近くなっていたので、
さっぱり湯上がりなのに夕食準備のため火起こし、
子供たちも焚き火をし始めます。

この日の夕食は焼きそばとか、
焼肉とかの焼き物が中心でした。

前日と違ってよく晴れていたので、
センターハウス前の広場で花火をすることに。

他のお客さんも来ていたので、かなりの人数になってました。

花火の後一旦サイトに戻ってから、
子供たちは一人のパパに連れられて、星空鑑賞会に行きました。

鑑賞会は空が開けた広場でするみたいですが、
サイトからでもきれいな星空を見ることができました。

子供たちが帰ってきてから寝る準備をして、
22時ごろには就寝しました。

最終日、チェックアウト時間は11時です。

11時10分前ぐらいに全家族、車に荷物を積み終え、
無事チェックアウトしました。

いつもギリギリまで片付けに追われてます。

帰りは再びこまくさの湯に入ってから解散しました。

今回は炊事場が遠かったのが不便でした。

サイトからは登り坂になっていたので、
よけいに遠く感じました。

割り当てられる区画によって当たり外れがあるキャンプ場だなと思います。

区画の広さと形状、炊事場までのアクセス、
この2点がネックになりますので、
場所を指定できるのであれば快適に過ごせるんじゃないかと。

そして、ここのトイレは環境に配慮したバイオトイレです。
糞尿はバクテリアに分解されて堆肥化されるというもので、
臭いも出ないとの説明がありますが、臭いはありましたね。
我慢できないほどではありませんが、
水洗便所に慣れている子供たちには嫌がる子もいました。

高規格キャンプ場に慣れている方は、
少し覚悟がいるキャンプ場です。

コメントを残す