クオーレふれあいの里(岐阜県) 2017年5月3日(2泊3日) ①

2017年最初のキャンプです。

 

ゴールデンウィークに2泊3日、6家族(子供13人)の大所帯で行ってきました。

うち2家族はキャンプ初体験でした。

 

行き先は岐阜県白河町にある「クオーレふれいあいの里」というキャンプ場です。

 

 

こちらのキャンプ場はフリーサイトが広いです。

フリーサイトエリアを囲むようにしてバンガローが多数建っています。

コテージエリアには、20名収容の大型貸し別荘もあり、
大人数グループの利用も可能となっています。

今回利用したオートサイトエリアは計10区画でちょっと少ないかなという印象です。

6家族で6区画借りたので、過半数を占めたことになりますね。(汗)

 

 

チェックインは14時ですが、12時過ぎに到着。

対象エリアが空いていたので、すぐにチェックインさせてもらえました。

 

1区画をリビングエリアにしてヘキサタープを2張り設営し、
テーブル5台、キッチン用テーブル2台、BBQコンロ3台、
チェアはそれぞれの家族が持ち寄ったものをすべて出したので数えてませんが、

うちは6脚出しました。

3区画はそれぞれ車1台、テント1張りにして、
残り2区画の内1区画を車3台駐車、1区画をテント3張りという具合に
セッティングしました。

区画によって広い狭いがあるので、
グループで行く時はいろいろ思案して決めるのが楽しいです。

 

まず父親達はテントの設営です。

それぞれのテントを広げて、協力しあってテントを張ります。

テントを張るのがはじめての人もスムーズに張ることができました。

母親達はテーブル、チェアの組み上げ、キッチン設置、クッカー、食材の準備です。

テント設営が終わった父親がリビング用のタープの設営を開始します。

今回は大きいタープをリビングに、小さめのタープを荷物置き場にしました。

そのあいだ子供達はキャンプ場内を探検です。

実際どこでなにをしていたのか私は知りませんが。

 

13時半ごろにリビングエリアが完成しました。

 

 

クッキング準備ができたところで、昼ご飯を食べていなかったので、
ガスコンロでお湯を沸かして、子供達から順番にカップラーメンを食べます。

我が家ではキャンプの初日はだいたいカップラーメンです。

到着直後は慌ただしく、ゆっくり食事をしてると日が暮れるので、
ガスコンロでお湯を沸かすだけで済ませるようにします。

 

16時をまわったころから、
炭に火を起こしつつ、夕飯の下ごしらえを始めます。

焚き火をしている子どもたちを見る父親、
炭の火着け、薪割りをする父親、料理の準備をする母親と父親というふうに、
自然と役割分担ができていました。

この日のメインディッシュはハンバーグです。

コストコで買ってきたハンバーグを成形し直して、
焼いただけのシンプルさですが、
これが想像以上に美味しくて特に子どもたちにも大人気でした。

他に豚肉の辛味噌漬け(家で仕込んできました)、
コストコで買った肉(カルビ、ハラミ、タン等)、
ほとんどが焼き物なディナーでした。

 

夕食が終わっても、
子どもたちはまだまだ焚き火に夢中です。

焚き火の火を利用して花火をしました。

来る途中で花火を買い足したんですが、
なにせ人数が多かったので、すぐに終わったような感じでした。

 

 

花火が終わると子どもたちはうれしくて夜更かしがしたいと言いだし、
一番大きいテントに集まってゲームをしていました。

夜更かしと言ってもまだ20時をまわったくらいでしたが。

大人もかたづけを終えてコーヒータイムです。

これだけの家族が集まれば、キャンプ道具もそれぞれいろいろ持ってきていて、
気になった道具の使い勝手はどうかとか、
買おうと思っている道具についてとか、
次にキャンプに行く計画とかキャンプ話しを中心に盛り上がりました。

 

キャンプ場の消灯時間は22時です。

子供たちは自然と自分の家族のテントに戻って行き、
22時を少しまわったころには最後まで残っていた3人も
就寝しました。

僕も22時半ごろには就寝しました。

 

コメントを残す